賃貸マンション引っ越しトラブル ~入居編~


引っ越しが多い時期になりました。

賃貸マンションを契約して、さぁいざ引っ越し。

引っ越し業者を選定して、見積りを取得し、荷物をまとめてさぁ引っ越し。色々準備をしてもどうしてもトラブルはつきものです。私が知っているトラブルを少しまとめましたのでご参考にしていただければと思います。

引っ越しが他の方とバッティング

引っ越し 画像

週末等、この時期はどうしても他の方と引っ越し時期が重なってしまいます。

時期が重なると避けられないのがエレベーターと引っ越し車両の駐車スペースの問題です。特にこの問題が発生しやすいのが、新築の賃貸マンションを契約した場合です。

どうしても入居時期が集中してしまいますのでしょうがないのですが・・。

解決策として、管理会社に引っ越しの時期を伝えることは1つの方法です。新築賃貸マンションの取り扱い経験が豊富な管理会社は、引っ越しが集中することをある程度予測しているので、対策を考えていることは少なくありません。

『○日のAMに引っ越す予定ですが集中しそうですか?』

的なことを確認することは有効な方法だと思います。他の方の入居日や退去日は管理会社が把握していますので、ある程度の予測はつくものです。

 

室内を確認すると不備箇所が・・

引っ越し 画像

これも賃貸マンションではあることです。本当はダメなんですが・・。

管理会社は内装工事完了後・そして契約後の入居前に室内をチェックします。そこまでしているものの、人の目なのでどうしても確認漏れが出てくることも避けられません。

引っ越し後は、まず室内をある程度確認しましょう。特に水回り等は生活する上で重要なポイントです。『水が出ない・流れない』等は日中の段階でチェックして、問題があればすぐに管理会社へ連絡することが重要です。

また、フローリングのキズ等も基本的には管理会社が把握しているはずですが、画像を保存しておくことをオススメします。今やスマホがありますからね。これも退去時のトラブルを防ぐポイントになります。

 

ライフラインの連絡

引っ越し 画像

これは通常契約の際に連絡先を教えてもらうはずです。

水道については物件により管轄の水道局へ連絡が必要な場合と、特に不要な場合がございます。これも契約の際に確認しておくと良いでしょう。

ガスについては『オール電化』物件については言うまでも無く連絡必要ありませんが、基本契約者さんより直接の開栓連絡が必要です。基本的に立ち会いが必要な場合が多いので、引っ越し日に合わせて、管轄のガス会社さんへ連絡しておくことをオススメします。

電気についても契約者さんより直接の契約連絡が必要です。ガス同様管轄の電気電力会社へ事前連絡しておくと良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。ほんの一部ですが、何かのご参考にしていただければ幸いです。

もしご興味のある方はコチラの『賃貸マンション引っ越しトラブル ~退去編~』もご覧下さい。