疑似内覧可能なページ作りました!


2016年はバーチャル元年でした!

VR画像

昨年の2016年はVR(バーチャルリアリティー)元年と言われていたのご存知ですか?

そんな流れを受けてセイワ地研でも疑似内覧が可能なページを作成しました!

セイワ地研売買物件疑似内覧ページ  コチラから
売買の物件なんですがね・・。

ちなみにVR(バーチャルリアリティー)とはですね

" 現物・実物(オリジナル)ではないが機能としての本質は同じであるような環境を、ユーザの五感を含む感覚を刺激することにより理工学的に作り出す技術およびその体系。日本語では「人工現実感」あるいは「仮想現実」と訳される。"
Wiki参照

めっちゃ難しいですね。

要は疑似体験できるシステムってことでいいんじゃないでしょうか。

 

Googleストリートビューのような・・

VR画像

今回作成したこのサイトはRICHOさんのTHETAというカメラで撮影しているんです。

その画像を加工してGoogleのストリートビューの様な感覚で室内を360度内覧できます。

静止画だと解らなかった奥行きの感覚等が掴みづらいのですが、これだと拡大・縮小も可能ですし家具の配置等もイメージし易いのではないでしょうか!

 

VR画像

矢印の方向に進んで行くと、室内の360度の画像が確認できます。グルグル回転しすぎると酔ってしまいそうです。どちらかと言うとスマホ向きだと思いますねー。

すごいですね~。世の中どんどん進んでます。

余談ですが、勝手に少し進んだ未来を想像しますと、PS4のような高機能のVRシステムと不動産がマッチアップして、近隣の駅から室内までの街並みをバーチャルで体験できるようになりそうですね。

そうすると『あっここの景色良い!』とか『ここの通りは少し暗いなぁ』とか今まででは現地に赴かなくてはならなかった部分まで事前に体験できそうです。

更にオシャレな家具屋さんとマッチアップなんかしちゃったりして、ソファーやテーブルを置いてみたり、ラグを敷いてみたり、インテリアコーディネーターの方が全体をコーディネートしてくれるサービスがあったり・・。

いやぁー想像は膨らむばかりです。

VR時代は色々なビジネスチャンスを加速してくれそうですね。

話が逸れましたが、そんな疑似内覧が体験できるページはコチラです!
是非ご覧下さい。